iPhone修理関連情報 奈良 iPhone修理のアイプラス

iphone修理のアイプラス 奈良ミ・ナーラ店

アイプラス電話番号

googleマップ

店舗へのアクセス

アイプラス電話番号

アイプラスメニュー

iPhone修理ブログ

一覧

奈良市尼辻北町 【iPhoneX】 バッテリー劣化の放置は危険

2024/02/01

アイプラス奈良店

 

 

①バッテリーが劣化する原因

iPhoneのバッテリーにはリチウムイオンバッテリーが搭載されています。

このバッテリーは小さな容量ながら大きなエネルギーを蓄えることができるので、

小型の電子機器に多く用いられています。

ただ、このバッテリーは使用頻度が上がれば上がるほど劣化が早まるという

かなりの消耗品です。

iPhone バッテリー交換

実際、iPhoneでいうと、特に外傷を与えずとも2年前後が使用期間とされています。

バッテリーは自然劣化によって故障にまで至るのですが、

その大きな原因が充電と放電(充電によって溜めた電気を使う働き)の繰り返しです。

この2つの働きによってバッテリー自体に負担がかかり、機能が衰えていきます。

また、バッテリーは熱にも弱く、真夏の外出先でiPhoneを使用し続けてしまうと

劣化を早める原因になります。

 

 

 

 

②バッテリー劣化の放置は危険

バッテリーが劣化していくと、まずは充電の減りが早くなってきます。

今までよりも頻繁に充電をする必要が出てきたり、

人によってはモバイルバッテリーなどを持ち運ぶ必要が出てくるため不便です。

ですが、バッテリーの劣化を放置してしまうと充電の減りが早くなるだけでなく、

急に電源が落ち続けたり、そのまま起動不良になってしまうことがあります。

不便だけでは済まず、通常に使うことができなくなってしまうことが

バッテリー劣化の危険性です。

また、バッテリー劣化による電源落ちはデータの1部破損にもつながるおそれがあるので、

大切なデータを守るためにもバッテリー劣化の放置は極力避けましょう。

充電の減りが早くなり、使い勝手が悪くなってきたと感じたあたりで、

新しいバッテリーに交換することが望ましいです。

 

 

③最大容量の確認

iPhoneは、バッテリーの劣化具合を設定上から確認することができます。

設定→バッテリー→バッテリーの状態と充電とタップを進めていくと、

バッテリーの最大容量が表示されます。

最大容量とはiPhoneを満充電した際に実際に使える充電量のことです。

新品時はもちろん、100%の数値ですが、使用を続けていくとだんだん低下していきます。

この最大容量の数値が85%ほどになるとバッテリー交換を行った方がいいと

iPhoneを開発されたAppleさんは推奨されています。

急激に低下する数値ではないのですが、定期的に確認をしておき、

バッテリーの交換時期を見極めていきましょう。

ご予約はこちらからhttps://iphone-plus-nara.com/form_reserve

 

 

 

 

 

iphone修理の流れ はじめて修理される方へ
iphone安心無料保証
iphone修理価格一覧表
iPad修理価格一覧表
キャンペーン情報
アイフォン修理全部割
バッテリー診断
ペア割

アイフォン修理facebook割り

アイフォン修理よくある質問

アイプラス スタッフ募集

アイプラス加盟店募集

iphone買取サービス

PAGE TOP